美容大好き女のミニマルライフ

ゆるーく美容ネタを取り上げるブログ。ミニマルな生活を目指しています。

使わない化粧品を捨てないのは、もったいない

一生のうち、メイクする回数というのはだいたい決まっていると思う。

 

メイクが好きな人なら、お休みの日もするだろうから、一週間のうち7日。

 

肌のお休みを1日入れたら、一週間に6日。

 

私の場合、仕事をしている間はするとして、

65歳くらいまでだろう。

 

(今は、「女性だから化粧をするべき、しないのは失礼」という考えは徐々になくなりつつあり、ノーメイクで仕事をされている人もいるが、これはメイクが好きな私が書くものであるので、それはここでは考えないでおこう)

 

仕事をしなくなってもメイクをしたいかは、私にもわからないが、顔色をよく見せたいし、その時もまだメイクが好きだったら死ぬまでするだろう。

 

そう考えると、生涯メイクをする回数は毎日減っているという事に気がつく。

 

だったら、大好きなアイテムでお化粧した方が、絶対にいいと思う。

 

「これ、ちょっと色が合わなかったけど、もったいないから使わなくちゃ」

 

とか

 

「これ、ネットで崩れにくいって書いてあったから買ったけど、私だと崩れちゃうなー。。。

でも、高かったから使おう」

 

とか、

 

限りあるメイクの機会をそんなもやもやした気持ちで消費してしまうのはもったいない!

 

たまに

 

色が合わないものとか崩れが気になるものと、

何かを組み合わせたら、

めちゃくちゃ良いものになる時がある。

 

それを早々に見つけ出せて、

その組み合わせで使う事で

 

「この仕上がり、最高〜!」

 

となるのであれば、それは良いことだが。

 

その組み合わせをいつまでも追い求めて、

試行錯誤するのに疲れるくらいなら

さっと手放してしまって

新しいものを試す事は

 

もったいないことではないと思う。

 

 

メイク中、

そういうモヤモヤアイテムが目に入ると

たとえそれを使っていなくて

お気に入りアイテムだけでメイクしていても、

 

ふと

 

あのファンデーション、いつか使わなくちゃ。。。

 

などと考えてしまい、

なんとなくテンションが下がる気がする。

 

使わないものをもっているというのは、

気がつかない間に心にもやもやを溜めている事になると思う。

 

メイクを楽しむために、

メイクでもっと自分を輝かせるために、

使わないものはさよならするのがおすすめです。